クレジットカードの仕組みと、ブラックリスト

クレジットカード会社の審査が厳しいと感じる人も少なくありません。
では、なぜクレジットカード会社は厳しい審査を行うのかということについて、クレジットカード会社の立場になって考えてみましょう。
まずは、クレジットカードの仕組みについてです。
あなたがクレジットカードで買い物をしたとします。
しかし、その時点ではあなたはお金を支払っていません。それなのに、なぜ買い物ができるのでしょうか。
それは、クレジットカード会社があなたの代わりに買い物の代金を支払っているからです。
そして、後日、あなたが使った買い物代金をクレジットカード会社があなたにまとめて請求するという仕組みです。
クレジットカード会社はあなたにお金を一時的に貸しているとも言えるでしょう。

では、なぜクレジットカード会社はあなたのが買い物に使ったお金を貸してくれるのでしょうか。
それは、あなたが買い物したお店から買い物代金の一部を手数料として受け取る、というビジネスモデルだからです。
あなたがクレジットカードでたくさん買い物をすれば、それだけクレジットカード会社も儲かるというわけです。

しかし、貸したお金は必ず返してもらわなければなりません。
「あなたは貸したお金をちゃんと返してくれる人間なのか」ということをクレジットカード会社は見極めなければなりません。
それを見極めるためにクレジットカード会社は厳しい審査を行うわけです。
貸したお金が戻ってこなければ、クレジットカードの仕組みは成り立たず、クレジットカード会社の経営も上手くいかなくなってしまうでしょう。

以前、私は携帯電話の支払いが3ヶ月以上遅れた事がありました。
その時はそんなに気にしていなかったんですが、あとになってこんなに何年も苦労するなんて思いませんでした。
それは携帯電話の支払いでも延滞した記録がずっと残るということです。
おかげで何年もの間、ローンは組めないし、クレジットカードも作れませんでした。

その時、どうしてもクレジットカードを作りたくて色んな会社に申し込みましたが、全て落とされました。
確かに年収も200万程度だったので厳しいとは思いましたが、同じくらいの年収の友達は通っていたので、間違いなくあの携帯電話の支払いで延滞3ヶ月がいけなかったんだと思います。
当時はインターネットで必要事項を入力して申し込んだ時に、友達の方はすぐにメールが返信されていましたが、自分の場合は「お客様はクレジットカード作成できません」的な内容が書かれたメールが返ってきました。

しかしこんな私のようなブラックリスト入の人間でもクレジットカードは作れました。
以前、無職の時はさすがに作れませんでしたが(笑)
後々調べて分かった事なのですが、クレジット会社やカードの種類によって審査が緩めのクレジットカードも存在するという事です。
販促系や流通系のカードが審査はゆるめのようです。ちなみに一番審査に通過しやすいのが消費者金融系のクレジットカードだそうです。

しかしながらやはり、クレジットカード会社も支払いを延滞するような輩にカードを作らせるとあとあと請求が面倒になると判断されると後々大変です。
みなさんもたかが公共料金、携帯代と思いがちですが、延滞には気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です